COMPANY会社案内

安全への取り組み

安全計画書の作成

年度初めに安全衛生計画書を協議作成し周知、それを指針として社員及び現場、協力 業者の安全に努めています。安全衛生計画書(以下計画書)には『重点施策』その『実施項目』、『実施期間』、『担当』、『目標』を記載しておりそれに基づき、各担当者が実施報告を行うようになっております。計画書には社内だけでなく現場での実施項目も制定されており、社員だけでなくその現場内または協力業者にも安全かつ効率よく業務が遂行できるように計画・実施を行っております。

安全計画書の作成

安全についての協議と周知

弊社では月に一度、社員全員参加にての会議を行っており、その際に安全に関する協議周知を行う時間を設け意識を高めるように努めております。その内容は安全計画に則る事項その時期に気を付けることなど安全パトロールの報告など、皆が情報を共有できるように努めております。その他軽いケガや事故等があった場合はこれに限らず緊急で協議周知を行い、さらなる危機管理と意識の共有ができるよう図っております。

安全についての協議と周知

KY(危険予知活動)などの取組について

弊社では、現場作業の開始前(朝礼時)にKY用紙を用いてミーティングを行い当日の作業について危険個所、危険作業の有無や注意すべきポイントを再認識させ無事故無災害に努めるよう行っております。KY用紙にはリクスアセスメント(危険作業の度合いを表すもの)当日の体調、作業者の記名、資格の明記を行いその日の安全な作業が行えるよう活用して作業に当たっています。

KY(危険予知活動)などの取組について

安全標語

弊社では、毎年目標とする安全標語を掲げ安全意識の向上を図っています。

【2019年安全標語】

『慌てず、焦らず、手を抜かず 急ぐ気持ちに死角有』

安全標語